20年続く人気カフェづくりの本 -サザコーヒー-

みなさんこんにちは!
自称ぶろがー、たまえです!

とうふめんたるず 豆腐メンタル 読書感想文 たまえ コーヒー サザ ビジネス 


たまえの読書感想文ブログへようこそ。

今回は、最近コーヒーゼリーにはまっているごまぞうがオススメしてくれた本。

「20年続く人気カフェづくりの本」

著者:高井尚之

をご紹介したいと思います!

茨城・勝田にある名店「サザコーヒー」。

東京でもJR品川駅のエキュートや二子玉川駅にお店を出しているサザコーヒー。

実は個人経営のお店だということをご存知でしょうか!

会社員として働きながらも、いつかはカフェを開きたいと思っている人や、実際にカフェを開いている方もいらっしゃいますが、カフェは「多産多死の業態」「3年持たないお店が多い」と言われるのも事実。

スターバックスやドトール、タリーズ、コメダ珈琲など、大手チェーン店も数多くあり、個人経営のカフェが長く続くのは簡単ではなかったりします。

そんな中で、なぜサザコーヒーは20年も続いているのか

しかも発祥は茨城県。そして個人経営。

この本では、なぜサザコーヒーが愛され長く続いているのかを、店主のこだわりマーケティングといった様々な視点から読み解いています。

皆さんはどんな時にカフェに行きますか??

たまえは気分を変えたい時、友達とおしゃべりを楽しみたい時、美味しいコーヒーを飲みたい時…などなどにカフェに行きます。

最近ではコンビニコーヒーも当たり前になり、家でもドリップで美味しいコーヒーが飲める時代。

そんな中で、カフェが担う役割とは??人気のカフェの特徴とは?

この本では、人気店に共通する事の一つに「現場主義」があると書かれています。

サザコーヒーの「現場主義」の例としては、圧倒的な「コーヒー豆」へのこだわりがあります。

お金をかけて店主や従業員がコーヒー豆の産地に出向いたり。

直営農家を持っていたり!

サザコーヒーは本気度合いが違います。

さらに驚くことに、サザコーヒーはほぼ毎年、最高級のコーヒー豆を「最高値」で落札!しています。

(お店で出されるコーヒーの値段は、なんと1杯1000円、2000円、3000円…!!)

コーヒーの品質を徹底追及するサザコーヒーにとっては、宣伝効果も高いため続けているのらしいですが、他には類を見ない試み。凄すぎます!

一方で、サザコーヒーは「タダコーヒー」なんて呼ばれることも!

商売をやるうえで、最初は宣伝のためにコーヒーを無料で配るなどの方法がありますが、(サザコーヒーも東京の品川駅にお店を出店する際に、少しでも多くの人に知ってもらおうと、3日間、朝から晩までコーヒーを無料で配り続けたとのこと)

サザコーヒーは地元で開催される「勝田全国マラソン」に参加するランナーにコーヒーを無料提供しているとのこと!今や大会名物にもなっているそうです。

無料であっても惜しみなくふるまうのは、育ててくれた地域への恩返しのため。

人や地域のつながりを大事にして、感謝の気持ちを常に持つことは大切だなと思います。

しかも、それが県外の方にサザコーヒーを知ってもらえるきっかけとなり、のちに指名買いしてくれる方もいるとのこと!

「売ってやろう」ではなく、「自慢の味を知ってほしい」という姿勢も人気の秘訣なのだと思います。

たまえはこの本を読む前に、東京にあるサザコーヒーに行った事があったのですが、この本を読んで、すぐにまたサザコーヒーに行きたくなりました!

色々な思いがあり、たくさんの苦労やこだわりから作られたコーヒー。

それを知った上で飲むコーヒーはまた格別です。

たまえ


★とうふめんたるずLINEスタンプ!絶賛好評発売中!★

GODDA.ENT LINE stickers | LINE STORE
Check out stickers by "GODDA.ENT" on LINEs official online store!

★とうふめんたるずLINE絵文字も絶賛好評発売中!★

GODDA.ENT LINE Emoji | LINE STORE
Check out emoji by "GODDA.ENT" on LINEs official online store!

コメント

タイトルとURLをコピーしました